大雨によりデイレースからナイトレースに変わった今回のレース。ピットロードやバックストレートのボトムは乾いてない状態からスタートとなります。
コンペティションコーション中はピットクローズの状態でピットロードを走って乾かすという見たことない光景がありました。

レースは予定通りと何というかハービックが独走で眠い展開です。 そして途中で雨が降ってきて何も見どころが無く終了。
ここまで中身がないレースも珍しいです。

コンペティションコーションからずっとグリーンでしたから作戦を立てようがありませんでした。

結果論としては最後ロガーノとエドワーズは2タイヤで出ていればホームステッドに行けていましたが、ピット後にクラッシュが起きて長引いた結果ですから、流石に確率が低すぎてギャンブル出来なかったと思います。

という事で完全に消化不良だったレースですが、いよいよ最終戦を迎えます。 
今年はツマンナイレースがあまりに多かったので、最後は面白いレースを期待したいです。